犬って肉食動物だったの?

実は私、犬が肉食動物ってことを知りませんでした。というより今までそんなことを考えることもなく生きてきたんです。

そしてこのようなことを書くキッカケになったできごとがあったので、それを紹介させてください。

私は犬を1匹飼っています。犬種はヨークシャテリアで他の犬と比べると少し太りすぎていました。エサであるドッグフードを与えすぎてしまったことに問題があると思うのですが、その時エサを変えたいと思いネットでどのドッグフードが犬の健康に良いのか仕事ついでに検索して見ていたんです。

サイトによって色んな情報が散漫していてどのドッグフードが良いのかしばらくわかりませんでしたが、そのときに見つけた記事に犬の歴史的なことが書いてあって、そこで今回の私が伝えたい「犬って肉食動物なんだよ!」ってことを知りました。

だからなんだってことになるかもしれませんが、実は肉食動物であるからこそ食べられないもの、犬にとって危険な食べ物っていうのがあるんです。もちろん飼い主さんは知っておかなくてはなりませんよ。

ちょっと見た程度なんで細かくは説明できませんけど、犬の先祖はオオカミで私達人間が飼いならしたことによって段々今の姿になったということです。もちろんこれは一説に過ぎませんが、一番一般的で有力な説です。

そして先祖と考えられているオオカミさんたちは、野生のヘラジカやカリブー(トナカイ)を狩って食べています。

今の愛くるしい愛犬たちからは全く想像できませんが、歴史を掘り返してみるとこういうことが浮き彫りになりました。もう知ってたって人にはすごくいらない情報だったかもしれませんが・・・。

まぁまさかドッグフードのことを調べていてこのような「先祖」「肉食動物」「オオカミ」というような話がでてくると思いませんでした。

とはいえ、本来の目的であった愛犬に優しいドッグフードを探すことができたので歴史のことも知れて一石二鳥な気分ということで今回の記事は締めさせていただきます。

最後まで見てくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です